長野キャンプ
  2008/05/03(土)〜05/05(月)
  長野の道の駅にもいかなければ
  ●蓼科湖キャンプ場(長野県茅野市)
  ●野尻湖高原キャンプ場(長野県上水内郡)

       

連休初日はどりくらさんと初合流。どんな人たちが集まるのか楽しみだ。早めについてテントを張ってしまった。
今日は暑いタープ無しだとつらい。隣の水明閣の温泉は誰もいなかった。お湯がめちゃくちゃ熱かった。



        

ドリクラのメンバーが集まってきた。もう酒盛りの支度に掛かりだした。



        

慣れた手つきでどんどん料理を作っている。さすがだ。
アサリの酒蒸し、手羽先、小魚、鳥のから揚げ、隣ではキャベツをざくざく切ってお好み焼きを作っている。
装備もすごい。皆さんオプティマスが好みのようで8Rや123を持っているドラゴンフライもある。



   

6時過ぎようやく暗くなってきた。持ち寄ったお酒はこの通り。
全部開けてしまうだろうな。私の持参は「かのか」の麦バージョン。



        

今日始めて小型カーバイトランプを知った。カーバイトに水をたらしてアセチレンガスを発生させこれに火を点けると言う物。
むかしおでん屋の屋台や夜釣りに使うものと原理は同じだ。でもあれほど大きくなくてコンパクトに出来ている。
これをメンバーの殆んどがもっているのには驚きだ。明るさは抜群でローソクの十倍は明るい。一つほしくなってしまった。


翌朝早起きをして次の目的地に向かうことにした。
ドリクラのメンバーはみな寝ているようなので挨拶抜きで失礼させてもらうことにした。



       

途中、真田幸村ゆかりの上田城、戦場ヶ原を通り野尻湖にやってきた。
野尻湖はナウマン像の化石が見つかったとかで町おこしに熱心だ。
2泊目は野尻湖湖近くの野尻湖高原キャンプ場に決めた。
あまり広くない設備もさほど出ないキャンプ場だが騒がしくなければOKだ。
夕飯は五目炊き込みご飯と具沢山の味噌汁を作った。



       
野尻湖高原キャンプ場

         
国道292号。志賀草津高原ルート。標高2172メートル。下りは雪が深い



inserted by FC2 system