白川郷・飛騨高山ソロキャンプ(その1)

平湯キャンプ場(岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
2011/08/13(土)〜08/14(日)
サイト利用料 900円

初日
    
今年は短い夏休みなので、とりあえず涼しい場所に行きたいと平湯温泉目指します
平湯温泉は地理的に上高地と穂高の途中で標高も高い。以前5月に行った時気温の違いを実感しました

    
勝沼に来るとこの時期、桃が美味しそうです。思わず試食に立ち寄ってしまった
富玉園の桃はとても大きくて甘かった。少し硬めで皮をむきやすい。うま〜!食べでがあります
200円は安かった

我慢しないで寄って正解!!

    
松本からR158を昇って安房トンネルを抜けるとすぐ目的地の「平湯キャンプ場」が有ります
6月まで安房トンネルは無料だったけどまた。また600円掛かるようになってしまった(涙)

受付で利用料2泊分1800円払って入場します。以前に利用したことが有ると名前を言うとパソコンで
「ああ、江戸川区の...さんですね。いつもありがとうございます」と登録されてました。

    
真夏に来たのは初めてだけど、震災の影響もあるのかな〜...とても混んでます
ライダー組はゲート左のフリーサイトにテントを張ります。水場とトイレが近くて個人的には気に入っています

    
左の写真が水場(炊事場?)で左がトイレ。どちらもとても綺麗です
水は氷水の様に冷たいくて、しかも、美味しい!!

    
常設のテントもあります。大きくは無いけど敷地内に転々と水場が合って便利。
清潔な感じがします

    
ゴミも持ち帰らないでいいのはうれしいですね。何しろ広い。いたるとことでキャンプできます

    
通りをはさんで、バンガローエリアがあります。私は使うことは無いけど
団体の利用だったら便利なんでしょうね。何しろ設備は良好です。

    
キャンプ場を利用すると近くの温泉「ひらゆの森」の割引券を購入できます
直接行くと500円が400円でチケット購入できてラッキー!20%引き

平湯の森には11の露天風呂があって、源泉からいろいろの湯温の露天風呂選べる
私はどちらかと言うと温めが好きかな〜

    
温泉から上がって平湯温泉街の唯一?の食材仕入れ店「つるや商店」さんに来ます
ここで酒、つまみ、氷を入手します。

キャンプ場に戻って...暗くなってきましたね〜

    
いつものように適当につまみをつくって...ソロ宴会の始まりです・
しかし、夏だと思えない涼しさだ。え〜と、24℃ですか、涼しいはずだ(喜)

    
現地に着いたらライダーブーツは要らない。「サンダル」でOKです。楽だ〜
虫除けに蚊取り線香...ここでは不要でした。まったく蚊やハエが居ない


2日目
    
朝、寒いと思ったら19℃、さすが高原ですね。江戸川区とはぜんぜん違う。涼しい!
朝食は夕べ作ったご飯を雑炊にしてササッと頂きました。残ったご飯はとりあえず焼きおにぎりに(笑)

    
さて、白川郷に向けて出発!今回は北上してR471経由で向かいます。
少し遠回りだけど、違う道は良い。白樺並木のいい感じの場所があったので休憩
「ウランの並木道」の看板が有ったけどどういう意味だろう?

  
川沿いをずっと走ります。前にも後ろにも車が走っていない!いい感じだ〜

   
突然「菅原稲荷神社」が現われた。巨大な狐が二頭向き合っている、
左の狐は玉を咥えていて右の狐は鍵のようなものを咥えている??

    
向えがドライブインの様な、感じの売店で「飛騨牛乳」を購入
さすが飛騨牛だな〜うまい

と思いつつ、肉牛と乳牛は両立するのだろうかか?

つづく
 

inserted by FC2 system