浜松・和歌山キャンプツーリング(その3)

2011/01/01(日)~2012/01/03(火)
川湯野営場木霊の里(和歌山県東牟婁郡本宮町

利用料1000円
秋葉神社キャンプ場(静岡県浜松市天竜区春野町
利用料200円


元旦の朝

川湯キャンプ場二日目の朝、5時に目覚ましをセットして起床。
初日の出を見に潮岬まで行くぞ~
と、気合を入れてテントの外に出た...星が全く見えない...まさか...

    
週間天気予報とは裏腹に1日は曇り空。インターネットの気象情報を調べたら紀伊半島全体が雲の中だ
今日午前中一杯曇りだ。諦めてシュラフの中に戻った。せっかくここまで来たのに残念。

8:00朝食にレーズンバターパンを焼く。何処かのキャンプ場でトーストを箸二本で上手に焼いていた
キャンパーが居たので真似して見たけどあまり上手く焼けない

    
そんなことするより網に載せて焼いたほうが簡単で上手に焼ける事を発見(笑)

今日、Y野さんと一泊限りでお別れだ。これから四国、九州を回って10日すぎに帰宅とか。鉄人だ!

    
今日の行程はUD川さんと潮岬までプチツーリングに決まった。
途中、台風で氾濫した川の後を見ることになる。対岸の道路は完全になくなっている

    
串本市内に入る少し前で「橋杭岩」を見物休憩。如何したらこんな風景になるんでしょうね
売店は正月休みだ

    
13:00潮岬灯台に到着。相変わらず空は雲で一杯だ
本州の最南端に朴村宏?の像が建っている...

朴村宏って何をした人?と、ネットを調べたらなんと。「下村宏(しもむらひろし)」の間違え?
まあ、下村と読めないことも無いけど、何でもポツダム宣言のとき尽力した方とか

    
30分ほど本州最南端を楽しんでいると、雲は何処かに行ってしまった

    
夜はテントの中で二人で宴会。メガホーンなら2,3人くらい入っても大丈夫
今夜も武井バーナーのお世話になる。暖か~

    
今回のツーリングは大した料理が無いですね
今夜もベーコンタップリ焼きそばと出来合いの餃子。少し多めに焦げ目をつけて

でも、いいんです、それでもキャンプは楽しいんです


1月2日
    
二泊した川湯キャンプ場をから浜松の秋葉神社キャンプ場に向かいます

朝は雨が降っていたけど出発する頃には雨は上がってしまった
ゴミを整理して、360kmの行程を移動する

    
10:12道の駅きのくにで休憩、朝食をとってなかったのでここでそばでも食べようと思ったが
この道の駅には簡単な喫茶店しかなかった。秋刀魚の丸干しが美味しそうだ

    
11:34道の駅紀伊長島到着。気温3℃。さむ...やっと飯が食える~
昼食の海鮮丼880円、やっとまともなご飯がたべれた


この後、秋葉神社キャンプ場まで高速を使って360km走ってきたけど
30km渋滞、名古屋湾岸高速の横風で橋から落ちるのでは...の恐怖の連続、そしてまた26km渋滞
ガソリン代に高速料金4450円

    
18:28暗くなってキャンプ場に到着。バイクのヘッドランプでテントを設営する
はじめの予定通り鳥羽からフェリー使えばよかったかな?3500円の運賃と十分な休憩が出来たかも


1月3日

    
ここで少しキャンプ場の説明です。キャンプ場は秋葉神社(下社)の参道と河の間にある
受付は旅館「門前屋」で行う。点と持ち込みバイクは200円。安いね

    
駐車場の左に芝のテントサイトがあるが、騒々しそうなのでずっと奥の芝生サイトにテントを張った
明るくなって周りを見ると案外綺麗な所だが風呂は近くにない

     
さて、テントを撤収して、一般道で帰宅します
DU川さんお世話になりました

1号線をひたすら走り東京に向かいます。今日も天気がいい富士山が綺麗だ。
移動が多かったけど楽しかった

 

inserted by FC2 system