大房岬でキャンプ

2012/03/03(土)~03/04(日)
大房岬キャンプ場・驚きの事件


最近、土日になると決まって天気が崩れていましたが今週は大丈夫なようです
午前中の用事を済ませて大房岬に向かいます

  
途中、菜の花畑を見つけた。ちょっと休憩。今日は天気がいい

    
R127を南下して富津市に入ると交差点角に宮醤油店が有ります
大きな樽が二つおいてあるので目立ちます。工場見学も出来るらしい

    
毎回通過してばかりでしたが気になっていたのでお店をのぞいてみました。
色々な醤油がある。その中で「再仕込み醤油」を購入しました。とても濃厚です。

  
宮醤油店から5Km位南下したところで綺麗に咲いている桜を見つけた。
通りむかえ側は富津警察署なのですこしとまどったけど車道に出て桜をバックに写真を撮った
今年のさくら開花は遅れたけど、この一週間で関東一円どこでも桜が満開になったようだ

    
もう少し走ると竹岡らーめんの梅乃家だ。昼はそこにしようと思っていたら
その少し手前に天然記念物の「竹岡のヒカリモ」自生地があったのでついでに少し見学

    
鳥居をくぐり階段を上ると中に洞窟がある。しゃがんでのぞいてみたら岩で光も届かないはずなのに
水面が金色に輝いている。度々此処に来ると言う方に話を聞いたら
「こんなに光っているのは珍しい」との事。とてもついていたようだ

  
3時。キャンプ場に到着。いつもの第2キャンプ場に来た。きょうはソロキャンプだ!...と。
なにやら怪しいテントが有ります。後で分かったんですが、Y野さんが奥様と車でいらしたようです
邪魔はしませんよ~ごゆっくり~

梅乃家で昼食と思っていたんですが時間が悪かった。土曜の昼2時じゃお客が一杯
並んでいたら時間が掛かりそうなので、美味しい醤油も買ったので江戸前セットを買ってきた。
味も中々。醤油がうまい。

    
腹ごしらえも済んで落ち着いてからテントを建てた。きょうもミニピークなので結構せまい
ただ、今日のコットは超コンパクト。このコットの使い心地を試すのも今日の目的のひとつだ

    
何だかんだしているうちに、もう五時半、夕飯の支度をしよう
クックセットは「エスビット985mlクックセットアルコールバーナー付」。蓋のほうでご飯を炊いた。
一人分だからこのくらいで十分。沸騰した所で素早く全体をかき回しとろ火で炊くのがコツ!
取っ手が折りたためる南部鉄のパンでハンバーグも熱々だ

    

   
   
暗くなってからだんだん冷えてきた。トランギアのアルコールバーナーで暖を取り
ついでに笑’sのB6君に着荷剤を入れて暖を取る。
だんだん暖かくなってきたぞ~


朝~
  
炊事小屋の中で朝を迎えた...実は調子に乗ってテントの中で火を使っていたら
傍に置いてあったアルコールのボトルに引火して爆発、テントに火が付いてしまった(恐)...
テントはもとよりモンベルのエアマットもナンガのシュラフも負傷して、夜中に焼け出されてしまった(ひぇ~)

大きなメガホーンに慣れていた為か、テント内の火の扱いに鈍感に成っていたようです(反省)
しかし幸い怪我も焼けども無かったのは良かった~。Y野さんご夫妻お騒がせしました m(__)m

    
考えようによっては軽症。テントとマットはダメだけどシュラフは永久保障。ただいま再生中です。
新しいコットもこの通り。ヘルメットの大きさと比べると収納サイズの小ささは抜群!
体積はボイジャーコットの1/4になりました

さて、天気がよいので遠回りして帰ります。

    
大房公園内の桜も満開でした。まだ、8時なので花見客も少しだけ。
芝の中にバイクを乗り入れて撮影できました。今日も一日中晴天のようです

     
州崎灯台に来ました。この灯台は通常ルートと外れているので人が多くありません。
州崎灯台は東京湾の東端、大正八年に建てられました。対岸の三浦半島の剣崎灯台と供に
東京湾の入り口を示す重要な灯台です。

この灯台に登るには急な石段を昇るしか方法がありません。車道は無いんですね。

    
野島崎灯台に来ました。観光客は大勢居ます

    
何度も来ているので、灯台周辺の遊歩道を歩いて岩だらけの風景を楽しみました
南房総国定公園の碑を入り口に少し歩くと房総半島最南端の碑を見ることが出来ます
家族連れやカップルが多い場所です

 

inserted by FC2 system